いえづくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

Apollo Twin USB 2

未だ稼働できていないApollo Twin USBを使えるようにするため、マザーボードの交換に挑戦。
DTM専用PCのCPUがcorei7 2600kなのでソケットタイプがLGA1155のマザーボードはZ77のみになってしまいます。Z77のチップセットのMBはもう既に売ってないので中古のMBを入手するしかありません。近くのじゃんぱらに行ってみましたが売ってないのでオークションで楽札する事にしました。しかしオークションだとハズレに当たるリスクは大きくなりますが、、、。

最近のインテルはCPUの世代ごとにソケットを変えてくるのでたちが悪い。PEN4の時代は同じMBでCPUだけ交換してアップデート出来たんですけどねえ。
早速オークションで検索しました。今のMBと同じASUSのものを付け替えれればドライバーの更新とかも簡単そうなので、ASUSのP8Z77-PROをゲット。

P_500.jpg

ASUSのMBは結構な高値で取引されていて15,900円もしました。中古なのに新品とあまり変わらない値段です。

3日後到着、速攻で付け替えました。

IMG_2577.jpg

IMG_2074.jpg

しかし、起動しませんでした。
ファンがブーンと回りLEDが順番に点灯し再起動〜を繰り返す。そして5〜6回に一度くらいの割合でたまに起動します。一体何なんだ!?ネットで検索すると同じ症状の人がかなりいました。これはまたまたハズレを引いてしまったみたいです。完動品ということで落札したのに、、、。最近オークションでのハズレ率かなり高し。あれやこれやと3日間、色々手を尽くしましたが結局ギブアップ。オークションの出品者に返品のお願いをし返品しました。以前のオークションでは、動作品で落札したのに動作しなく、その上返品対応しないというかなりの悪出品者でしたが、今回は良い人でした。

という訳でUAD−2システムはまだ稼働できません。
スポンサーサイト
[ 2016/04/05 ] | DTM | CM(0) | TB(0)

APOLLO TWIN USB

IMG_2529.jpg
UniversalAudioのUAD-2が内蔵されたオーディオインターフェイス
Apollo Twin USBを買ってしまいました。
禁断のUAD-2にとうとう手を出してしまったのです。
UADに嵌ってしまったら抜け出せなくなるかも・・・。


最近、キューベースの調子がおかしくなり作業中に突然固まってせっかくの作業が台無しということが多くなってました。
原因究明のためにあれこれ試しましたがなかなか解決できません。もしやオーディオインターフェイスが臭いかなと感じてきたところにUAのApollo Twin USB発売の情報。さらに3月31日までに買えば5万円分のプラグインがついてくる!このキャンペーンにつられてしまって、ポチッといってしまいました。

という訳で購入を決めたのが28日、ネットでお店の人に31日までに到着するかを確認した上での注文でした。

そして予定通り31日に到着。
IMG_2530.jpg
しかし予定通り行かないのが世の常。
このAPOLLO TWIN USB はUSB3.0のドライバーに相性問題があり、インテル製ドライバーのみ動作保証されているとの事に気付いたのが注文の後。USB3.0が内蔵されたインテルのチップセットはZ77以降のもので、僕のDTM専用PCは一世代前のZ68のために認識出来ない。しかしUADのアクティベーションのシステムを知らなかった僕は、とりあえずシリアルをネットで登録してキャンペーンのプラグインをゲットできれば後はどうにかなるかなくらいに思ってました。

早速、My.Uaudioで登録しようとしましたが探してもどこにもそんなページはなく、よくよく調べるとUAD−2のアクティベーションのシステムは、PCにUAD−2の機器を繋いだ状態でネット認証するものでPCにApollo Twinを認識させない事にはどうにもならないのです。それに気がついたのが22時を過ぎた頃、早く認証しないとプラグイン5万円分プレゼントキャンペーンに間に合わなくなってしまう。このキャンペーンに間に合うよう確認もせずに慌てて注文したのが失敗の元だったのか。キャンペーン終了寸前で気持ちは焦るばかりの中、藁をも掴む思いであちこちのUSBポートに挿していたら、何と普通のUSBポートで認識するではないですか!

そのままドライバーソフトをインストール
IMG_2534 (1)
無事にプレゼントキャンペーンに間に合ったのでした。

しかしこのままではUAD−2システムとしてもオーディオインターフェイスとしても使えないただの箱、という状況は変わらないままなのでした。
[ 2016/04/01 ] | DTM | CM(0) | TB(0)
検索フォーム

PR



価格.com自動車保険 比較・見積もり



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。